極真空手とは

創始者・大山倍達(1923~1994)によって生み出された
世界初の直接打撃制(寸止めではなく、また防具も付けない)の空手。

寸止めが全盛だった空手界に直接打撃制を提唱し、
世界最強を目指すため自らが世界各地で修業を積み、
その拳ひとすじの人生で確立した空手こそが極真空手です。

その後も空手一筋に人生を賭け、世界124ヵ国に1200を超える公認道場を有し、
その数1200万を超える会員を有し単独会派としては
世界最大にまで発展するに至りました。

創始者・大山倍達が長く厳しい修行人生の中で確立した極真精神
頭は低く目は高く、口謹んで心広く、考を原点として他を益す

を礎として、極真空手道を通じて人格の淘治と心身の鍛練をはかることで、
社会貢献を遂行することを目的としています。

極真空手の定義
点を中心に円を描き線はこれに付随するものなり
空手は武道である

すべての武道は、いずれも厳しい自己鍛練を課し、
その奥義を究めることによって人格形成をすることが目標です。
すなわち、人間としての正しい道を極めることを目指すものです

極真の精神

極真とは、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」という武道の格言から発した名称です。完成はないと言われるほどの、厳しく険しい武道の真髄を極める意です。
また、極真会館の挨拶「押忍」の精神には、尊敬、感謝、忍耐という精神があります。

観空マーク

極真のシンボルマーク。

まん中の円を囲む四つの弧状の線は
実はマークに現れていない円(がある)の一部である。

つまり、見えない円を含めると円は
六つ(外周、内周、四つの弧がなす円)になる。

六つの円は世界の六大陸を示している。六大陸の輪が、
極真のめざす「世界友好の架け橋」を象徴している。